投稿完了-2017年1月16日くもり時々雨-実家のプリンタを選ぶ手伝いをする

スポンサーリンク

こんにちは、にゃぱです(^^♪

本日の1コマ
実家のインクジェットプリンタは
CanonのF9000というA3までいけるタイプ
熊本のハードオフで1000円弱で見つけて購入し
プリントヘッドがまだ販売されていた時期に交換し
復活させて使用していた

今年になって黄色だけ出なくなったので
新しいインクタンクに交換して
クリーニングを何回か繰返し一時は復活したように思われたが
昨日から電源投入後の初期動作中に電源が切れるようになってしまい
ヘルプの電話が掛かってきた

状況と年数からして壊れているだろうとは思いつつ
電話しながら遠隔で確認、やはり壊れている
印刷したい物があり割と急ぐというので選択肢を2つ与えた
1.今まで通りの印刷だけしかしない単機能プリンタ
(ただし、カラーレーザーへグレードアップ)
2.複合機(スキャナやカードリーダと液晶画面が付く)
(この場合はインクジェットプリンタ)
とりあえず大きさや質感を確認したほうがいいよと伝えて
お店に行くように促した

スポンサーリンク

プリンタ選考シミュレーション

その間、もし同じ年齢の家庭で使うお客さんなら?と思い
ちょっとシミュレーションしてみた
プリンター類はCanonを第一候補として選択

A4カラーレーザーはSatera LBP7010C で決まりかな
¥21,000(当時最安値)、モノクロ16枚/分、カラー4枚/分、USB接続
http://cweb.canon.jp/satera/lbp/lineup/a4-color/7010c/

と思っている所に
RICHO SP C250L が目に止まる
こちらは何と自動両面印刷+ネットワーク+無線LANまでも装備
機能が充実している(゚Д゚)
¥15,000(当時最安値)、モノクロ20枚/分、カラー20枚/分
https://www.ricoh.co.jp/printer/spc/250l/

コピー機で有名なリコー。最近は仕事でも
パソコンとしか接続できないレーザープリンターは所有せず
パソコンからコピー機へ印刷データを送って印刷する所が多くなった
コピー機の業界で実績があるリコーのプリンタも悪くはないかも?と思った

複合機については
やっぱり背面給紙(後ろから吸って前に出てくるタイプ)にこだわりたい
給紙トレーだとハガキ印刷や厚紙の時に不便だし
どの向きに用紙を入れてよいのか、直感で分からない(@_@)
自分ですらすぐに思いつかないのに年配で時々しか
プリンター使わない方には昔ながらの方式のほうが確実で間違いない
両面印刷に至ってはオヤジ曰く「またひっくり返して入れればいいんやろ?」
という考えなので、あまり必要な人は居ないのかもしれない(笑)
レーザープリンターだと「一度印刷した紙を再利用しない」
のが原則なので両面印刷は必要だろうが・・・

という訳で Canon PIXUS TS5030
¥13,800(当時最安値)、5色インク、背面給紙のみ
両面印刷無し、無線LAN+USB接続
http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/allinone/ts5030/index.html

キャッシュバックキャンペーンをやっていたので
オヤジ的にはこれが決め手になったようです(=_=)

ちなみに

・現時点においてEPSON機でも背面給紙の機種があるが
セット枚数が少ない、インク数が少ない機種は対応していないので
検討からは外した。今後に期待したい

・現時点においてbrother機は背面給紙は無い模様(手差し1枚とか)
ファックス付とかファックス+コードレス電話とかADFとか
そういった機能が欲しい場合に選択する事になる
インクは基本の4色しかないので割と事務用に狙いを定めていると思われ
検討からは外した

・現時点においてHP機は背面給紙は無い模様
こちらは全世界を相手に販売している海外メーカー
インクは基本の4色しかないがヘッド一体型インクタンクなので
目詰まりしても新しいインクタンクを購入すれば解決するのと
黒インクのみを装着して印刷する事が出来るのが強み
使用用途を選ぶので検討からは外した

今日の出来事
プリンタ選び

今日のメモ
・canon
・epson
・hp
・brother

というわけで
今日はこれでおしまい(^^♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宇佐情報へ

フォローする

トップへ戻る