投稿完了-2016年10月5日雨-プリンタトナー買うのと新規プリンタ購入するのどっちがいいか?

スポンサーリンク

こんにちは、にゃぱです(^^♪

本日の1コマ
161005_070850

LBP-9100CというA3対応カラーレーザープリンタを使っている
数年前、春のセールで激安投げ売りで新品39,800円を2台購入し
1台はトナーだけ抜いてオークションで処分した

世の中不思議なモノで本体だけでも欲しい人も居る
企業ユーザーで既にトナーは持っているが本体が壊れてしまったので
どうにかしたいという事情があるらしい
何万枚と印刷する企業では消耗品交換レベルに
数年で達してしまうので本体ごと交換してしまったほうが
安くつく事情もあるに違いない

もっとも大手企業になるとレーザープリンターでも保守契約を結んでいるし
印刷も1台で兼用出来るからコピー機をリース契約してプリント1枚何円
という世界になっている。この場合は故障やトナー切れなどがあったら
サービスマンを呼べるし対応してもらえる

本題に戻そう
さて我々、中小零細で事業をしている者にとって
「いかに節約しながらも最大の自由を獲得できるか?」が重要な
キーワードになってくる
プリンターを購入する際もそうだった。モノクロかカラーか
金額的に安くて印刷できる守備範囲が広いもの
これらを検討して現機種に落ち着いた

今回はトナーだ。現在、黒印刷のみが多いので標準トナー
(スターターと呼ばれる初期印刷枚数が少ないモノ)をすでに2本消費した
本来の予定ではトナー粉だけ何処かから入手して自作リサイクルトナー
を作製しようと目論んでいたのだが、そこまで行く前に尽きてしまった

印刷にシビアな紙で印刷しているので
純正トナーを購入する前提である事をご理解いただきたい
リサイクルトナーは激安だが、今回は使えない
またプリンターはCANONでしか検討していない

現状、A4印刷が多いので
本体をA4サイズにして両面印刷対応のモノを購入しようかと目論んでいた
こういう事は時間を掛けて仕様書を比較しながらチマチマと
調べ上げなければ真実は分かってこない。何でもそうだが
安易に「安いから」といって購入すると後で泣きをみるハメになる・・・

トナーCRG-322BLK (ブラック)は最安値で¥15,600~大手の通販サイトで
¥17,000~¥18,000半ばぐらいで推移している
一方、プリンタはLBP6230最安値で¥11,600~大手の通販サイトで
¥12,000~¥13,000半ばぐらいで推移している

では仕様書を見比べよう
LBP6230は解像度も高いし片面でも両面でも速度が速いじゃないか(‘A`)
161005_054715

161005_054729

だが、致命的な事が発覚!
両面印刷出来る紙に「A5」が存在しないのだ(@_@)
161005_054822

161005_054858

A5、B5の両面印刷は多用するので
これが無いと仕事にならない・・・・
これがきっかけでその他のA4機種も調べてみたが
カラーレーザかつ上位機種じゃないと対応していなかった
結論、「プリンタトナー買う」が現環境において正解という事になった

補足)
A5、B5の両面印刷が必要ない人の場合はどうだろう?
トナーカートリッジの印刷可能枚数で決まると思う
現環境のLBP9100Cは
スタータカートリッジ時で約3100枚印刷可能
トナーカートリッジ 322(ブラック)時で約6500枚印刷可能
¥15,600(最安値)/6500枚=2.4円/枚

対してLBP6230は¥11,600~
スタータカートリッジ時で約900枚印刷可能
トナーカートリッジ 326時で約2100枚印刷可能
¥11,600(最安値)/900枚=12.8円/枚

さらに参考までに対してLBP6340は¥19,700~
同梱のトナーカートリッジ 519時で約2100枚印刷可能
¥19,700(最安値)/2100枚=9.38円/枚

プリンタトナー買うのと新規プリンタ購入するのを比べた場合
プリンタトナー金額付近の新規プリンタ購入では割に合わない
印刷枚数が大幅に少なく、1枚あたりのランニングコストも高い
これが答えという事になりそうだ

今日の出来事
外の片付け
昼寝

今日のメモ
・台湾製自転車

というわけで
今日はこれでおしまい(^^♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宇佐情報へ

フォローする

トップへ戻る