ATMでの「ゆうちょ口座間送金」に手数料が掛かるようになる(=_=)

スポンサーリンク

ATMでのゆうちょ口座間送金の手数料が変更になりますね
今までは何回使っても無料でしたが
10月1日からは4回目からは123円かかるようになります
これからはダイレクト使え!って事でしょうか(^^;)
便利なのに不便な時代です

公式サイト
http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2016/news_id001183.html

以下、囲み内は公式サイトより引用

2016年08月17日ATMを利用した電信振替の料金を変更いたします

平素は、ゆうちょ銀行をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
ゆうちょATMによる電信振替の料金について、2016年10月1日(土)より、下記のとおり変更いたします。

【電信振替料金】

変更前 変更後
ATM 無料
※ 取扱期間:2016年9月30日まで
月3回まで:無料
月4回目以降:123円
※ 取扱期間:2018年9月30日まで
窓口 144円 変更なし(同左)
ゆうちょダイレクト 月5回まで:無料
月6回目以降:113円

電信振替とは
http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/koza/kj_sk_kz_furikae.html

以下、囲み内は公式サイトより引用

電信振替

送金人の口座から受取人の口座に、口座の預り金を即時に振り替える送金方法です。お近くのゆうちょ銀行、郵便局の貯金窓口、ATMまたはゆうちょダイレクトからご利用いただけます。毎月の仕送りの送金や家賃のお支払いなどに便利です。

【振替口座】【総合口座】→【振替口座】【総合口座】

スポンサーリンク

お金を送るには

お近くのゆうちょ銀行、郵便局の貯金窓口、ATMまたはゆうちょダイレクトでお申込みいただけます。手続きの際は、受取人の振替口座または総合口座の記号・番号をご指定いただきます。

振替はオンラインで処理され、受取人の口座に送金額が即時に入金されます。

※ATMからのご利用は総合口座に限ります。

お金を受け取るには

振替処理が終わり次第、口座に送金額が入金されます。受取人には、受入明細票の送付または総合口座通帳への印字により、送金があったことをお知らせします。ただし、受取口座が総合口座の場合、受入明細票の送付のお取扱いは有料です。

利用上の留意事項

ご利用には、送金人と受取人の双方が振替口座または総合口座を開設していることが必要です。

※ATMでは、お客さまが設定された1日あたりの払戻上限額の範囲内でご利用いただけます。
(ATMでの1日あたりの払戻上限額をこれまで変更されていないお客さまは、払戻上限額は50万円です。)

送金額の制限

1円単位でご指定いただけます。

料金(電信振替1件につき)

窓口扱い=144円
ATM扱い=無料
ゆうちょダイレクト扱い=月5回まで:無料/月6回目以降:113円

※料金は、受取人がご負担する場合を除き、送金人にご負担いただきます。

※ATM扱いの料金については、2016年9月30日(金)までのものです。

※料金には、消費税(地方消費税を含みます)が含まれています。

※目の不自由なお客さまがご本人名義の電信振替をされる場合、身体障害者手帳を窓口でご提示いただければ、窓口でもATM利用料金を適用します。ただし、次の場合は除きます。

  • 代理人からの請求による電信振替
  • ATM非設置店舗の窓口からの電信振替
  • 受取人が料金を負担する電信振替

※ATMおよびゆうちょダイレクトでは、取引時確認がお済みでない口座からの10万円を超える電信振替はお取扱いできません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宇佐情報へ

フォローする

トップへ戻る